仕事

海外(タイ)で働くダイビングインストラクターの給料は?

スポンサードリンク

疑問者
将来、ダイビングインストラクターとして働きたいとけどダイビングインストラクターって生活できるの? どれくらい稼げてどんな生活が出来るのか?

実際に10年以上タイでダイビングインストラクターとして働いてきた私がそういった疑問にお答えします。

 

この記事を読むことでタイでダイビングインストラクターとして働いた場合、

いくら稼げてどんな生活が出来るのかが解ります。

結論を先に言いますが給料は0円~15万円でした。

では何故私がタイでダイビングインストラクターになったのかから見ていきましょう。

何故タイでダイビングインストラクターになったのか?

私がタイに流れ着いた理由

私は19歳の時にオーストラリアにワーキングホリデーに行き将来、海外で生活したいと思っていました。

1年後日本に帰国した私はその思いがさらに強くなり、もっと海外を見てみたいと思います。

当時は派遣社員として半年日本で働き、たまったお金で3か月海外へと言う生活を送りました。

半年で30~50万円しか貯まらなかったので行先は物価の安いアジアでした。

アジア旅行の際に拠点となったのがタイでタイの居心地の良さに気付きタイに住むのも有りだなと思ったのが流れ着いた理由です。

私がダイビングインストラクターになった理由

タイに住みたいなとぼんやり思いつつ、3回目のアジア旅行。

ガイドブックに載ってる行きたいところは行きつくし、

ふと訪ねた旅行代理店でダイビングを勧められその流れでタイでダイビングをしてみる事になりました。

ダイビングは楽しいし働いているインストラクターを見て、

これなら遊びながらタイに住めるしオーストラリアにだって住める夢にょうな仕事を見つけた気になりました。

若かりし私は勢いだけで取りあえずインストラクターを目指す事を決め即行動していました。

これが私がインストラクターになった理由です。

ダイビングをまだ始めていない方はこちらの記事もお読みください。

スキューバダイビングのライセンス(Cカード)オープンウォーター費用(価格)や期間、講習内容から試験まで

続きを見る

今となってはよくそんなに簡単に将来を決めたなと自分でも思いますし、勢いって凄いなと我ながら感心しますが

現実はそんな甘いわけもなくしんどい思いも沢山します。

では実際に私がダイビングインストラクターになってからの給料やどんな暮らしをしていたのかを見ていきましょう。

この記事では金額を解りやすくするため1バーツ3円で計算しています。

1年目から6年目の給料と暮らし

1年目はから6年目の給料

1年目0円研修のため給料無し
2年目6万円やっとお給料が貰えました
3年目7万円1人立ちということで少し給料が上がりました
4年目9万円フリーランスインストラクターになり完全歩合
5年目12万円月に4日休み
6年目15万円ほぼ休みなし

私がダイビングインストラクターになって1年目は給料0円でした。

その理由はダイビング業界では日本で言う丁稚奉公制度が有るからです。

今思うと相当ブラックでしたがいい経験をさせてもらいました。

2年目でようやく給料貰えました。この時はまだ先輩にフォローして貰ってました。

3年目でやっと1人立ち。給料も少し増えました。

4年目からフリーランスに転向。完全歩合になりました。

5年目、6年目は仕事が増えて収入も増えましたがほとんど休みなし。

6年目に関してはタイに居るインストラクターで一番潜ってたと思います。

タイのダイビング業界で稼げるのは15万円で頭打ちに。

タイでダイビングインストラクターとしての給料は0~15万円でした。

タイのインストラクターの暮らし

では私はどんな暮らしをしていたのでしょう?

1年目から6年目の支出はこんな感じでした。

家と家賃生活費貯金
1年目から3年目1ルーム10畳でベッドと扇風機のみ

家賃15000円

食費10000円

その他5000円

0から30000円
4年目から6年目1LDKで20畳でエアコン、冷蔵庫、TV

プールやジム付きで6万円

食費20000円以上

その他15000円

0から70000円

1年目は給料を貰っていなかったので当然貯金を切り崩して生活していました。

2年目、3年目も基本節約生活が続きました。

家に何もなく、食事もタイ料理のみ。

文明とはかけ離れた現地のタイ人に近い生活です。

 

4年目からは生活レベルが上がりちょっと贅沢に。

家に共同ですがプールが付いてたり

食事も日本食、イタリアンなど何でも選べ

日本に居るより贅沢な暮らしが出来てました。

10万円以上稼げるといい暮らしが出来ます。

その後、私はショップを立ち上げ更に収入が増えましたが

独立した後はインストラクターとしてより経営を多角的に行ったので今回は紹介無しで。

結局タイでインストラクターとして働くってどうなの?

結局、タイでダイビングインストラクターとして働くのはおすすめできるのでしょうか?

あなたはこの記事を見てもやりたいと思いますか?

今の私が過去の自分にアドバイスできるなら絶対に勧めません

勿論、ダイビングの仕事自体はやりがいも楽しさもあります

その反面、身体的にもしんどいですし大変な仕事でもあるので

私は割に合わないと思います。

1人で生活するのは容易ですが結婚し子供が出来たら結構苦しいです。

もしそれでもタイでダイビングインストラクターやりたいなら

30歳までに独立出来なければ辞める覚悟を持つべきだと思います。

30歳ならまだ日本でも何の仕事でもやり直しが効くので。

今からやり直しが効くなら私はこうする

私はインストラクターとして働いてきたことに後悔は有りません。

でももう1度やり直せるなら私はこうします。

副業で収入の柱を増やしておく。

タイでダイビングインストラクターとして働く場合、

経験を積まないとまともな収入は得られません。

私の生活は本当に苦しかったです。

なので何でもいいので他の収入源を確保することをお勧めします。

例えばお金が有るなら投資

無いならIT系などのどこでも出来る仕事です。

例えばプログラミングだとフリーで幾らでも仕事が有りますね。

未経験からでもこんなのも有ります。

転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクール!【DMM WEBCAMP】

就職まで出来るのでフリーランスになる経験を積むのにいいと思います。

 

他にもブログで副収入を得る方法もすすめです。

ブログの始め方はこちらの記事をご覧ください。

こちらもCHECK

ブログ
ブログ初心者が1か月目にやったこと おすすめのサーバーや無料ツールも紹介

続きを見る

別の仕事をして趣味でダイビングをする。

ダイビングは仕事ではなく趣味として行う。

お金と時間に余裕が有れば休みに好きなだけ潜れるので

今の私ならこっちですね。

タイに住みたいならこの様なサイトで仕事探せば幾らでも有ります。
JACリクルートメント

登録するだけでどんな仕事が有るか見れるので覗いてみてください。

お金は一切かかりませんのでご安心を。

まとめ

タイでのダイビングインストラクターのリアルが少しでも伝わりましたか?

この記事をまとめると

インストラクターの給料は0から15万円。

経験積むまでは生活が苦しい。

私ならおすすめしません。

それでもインストラクターにこだわるなら副業しましょう。
副業でお勧めはプログラミングです。
就職まで保証付きなのでこちらのスクールをおすすめします。
転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクール!【DMM WEBCAMP】

タイに住みながら趣味でダイビングするのがおすすめ。
タイの仕事を見てみるなら
JACリクルートメント

登録無料です。

こちらも無料です。

これらのサイトに登録しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-仕事

© 2020 sakaheyblog Powered by AFFINGER5