ライセンス

スキューバダイビングのライセンス(Cカード)オープンウォーター費用(価格)や期間、講習内容から試験まで

https://sakaheyblog.com

スポンサードリンク

疑問者
最初に取得するスキューバダイビングのライセンス(Cカード)ってどんなの?

費用や期間は?

実際どんなことをするの?

 

この様な疑問に10年以上インストラクターをしている私がお答えします。

この記事を読むとスキューバダイビングの最初に取得するライセンス(Cカード)の種類から費用、必要日数、講習内容までが解ります。

この記事を読むとスキューバダイビングのライセンスをまだ持ってない方もライセンス取得の流れや疑問が解ります。

結論から言いますと最初に取得するライセンス(Cカード)はオープンウォーターダイバー(OW)で3~4日間で取得できます。

では見ていきましょう。

スキューバダイビングの団体について

国内・海外ともに有名な指導団体にはPADI(パディ)、NAUI(ナウイ)、SDI(エスディーアイ)、SSI(エスエスアイ)、BSAC(ビーエスアーシー)、CMAS(クマス)などがあります。現在、日本だけでも30以上のダイビング指導団体があります。

中でもPADI(パディ)、NAUI(ナウイ)、SSI(エスエスアイ)、BSAC(ビーエスアーシー)、CMAS(クマス)のいずれかの団体のライセンス(Cカード)を取得すれば困る事は無いでしょう。

それ以外の団体については知名度が低く、海外などで通用しない場合も有りますのでおすすめしません。

上で紹介した団体で有れば簡単にクロスオーバー(ライセンスの移管)が出来ますので心配は無いでしょう。

この記事では世界シェア1位のPADIのライセンス(Cカード)について解説します。

Cカードって何?

一般的にライセンスの事をCカードと呼びます。

CカードとはCertification Card(サーティフィケーションカード)つまり認定証のことです。

このCカードはレクリエーション・スクーバダイビングに関して定められた知識と技術(指導基準)を、ある特定の時期に、ある特定の場所で、習得したことを証明するものです。
また、このCカードには「オープン・ウォーター・ダイバー」などのダイバーのランクや「スペシャルティ・ダイバー」など色々なダイビングを楽しむテクニックを学ぶ種類のものがあります。

Cカードは、取得した時点から将来に渡って知識や技術を保証しているものではありません。しばらくダイビングをしていないと、技術(スキル)は低下し、知識も忘れてしまうものが出てきます。そのため、前回のダイビングから期間が空いてしまった場合には、以前に習ったスキルや知識を思い出すための「リフレッシュコース」受講が強く推奨されています。

出典:PADI

オープンウォーターダイバー(OW)

最初に取得するライセンスはオープンウォーターダイバー(OW)です。

オープンウォーターダイバー(OW)とは?

ライセンスが発行されると以下の様な環境でダイビングできる様になります。

①昼間の、比較的穏やかな水域で、バディ(一緒に潜るパートナー)と共にダイビングする。
②水深は18mまでの範囲で、なおかつ減圧停止をする必要のない範囲。
③頭上に障害物が無く直接水面まで出られる環境。

詳しく見ていきましょう。

①昼間の、比較的穏やかな水域で、バディ(一緒に潜るパートナー)と共にダイビングする。

オープンウォーターダイバーは夜のダイビング(ナイトダイビング)の講習がないのでは出来ません。

ダイビングスキルも未熟ですので外洋の荒れた海や流れの速いダイブサイトでは潜れません。

全てのレクリエーション・スクーバダイビング(ファンダイブ)は1人では潜らず2人以上のバディと呼ばれるグループで潜らなければいけません。

レクリエーション・スクーバダイビング(ファンダイブ)とはライセンス取得済みの方が行う遊びのダイビングです。

②水深は18mまでの範囲で、なおかつ減圧停止をする必要のない範囲。

オープンウォーターダイバーは最大水深18メートルまでしか潜れません。

浮力調整の技術が未熟なので一般的には海底が18メートルより浅い海域で潜ります。

③頭上に障害物が無く直接水面まで出られる環境。

オープンウォーターダイバーは水中洞窟や沈船の中などの頭上が塞がった所でのダイビングは出来ません。

オープンウォーターダイバーの講習内容

オープンウォーターダイバー講習で実際どんな事をするのかを見ていきましょう。

講習の内容は以下の3本建てです。

①知識の開発

②限定水域ダイブ

オープンウォーター

①知識の開発(学科講習)

知識の開発(学科講習)は、ダイビングに必要な知識を身につける為に行います。

●ダイビング器材の選び方や使用前の準備、お手入れの方法。

●水中で快適にダイビングを楽しむための自然環境や生物に関する情報 。

●水中で困ったり問題が起きないようにするための安全ルール 。

●コース修了後の楽しみ方やステップ・アップについてプラン作り

を学んだうえで60問の試験に回答し正解率75%以上で合格となります。

学科の時間が取れない方は事前にご自宅などでインターネットを使って知識を勉強することが出来ます。

この場合の試験は25問で行われます。

②限定水域ダイブ

限定水域はプールなどを使い最初は足が付く水深、慣れると2~3メートルの水深で下記を学びます。

●ダイビングを楽しむときに必ず使う基本的なテクニック
●水中で困ったり問題が起きないようにするための安全テクニック
●万が一何か問題が起きた時に備えた確実な対処テクニックなどのスキルを習得します。

オープンウォーター

オープンウォーターは実際に海に出て下記を学びます。

●プールや知識開発で身につけたことを実際に海で使ってダイビングを行う。
●スキルや安全ルールに慣れ、ダイビングの基礎を完成させる。

オープンウォーターダイバーライセンス(Cカード)取得に掛かる費用と期間

ライセンス(Cカード)取得に掛かる費用や期間を見ていきましょう。

ライセンス(Cカード)取得に掛かる費用

ライセンス取得に掛かる費用はダイビングショップや潜り方(ビーチから歩いて海に入るのか、ボートでポイントまで行くのか)などによって価格は変わってきます。

また、その費用の中に器材レンタル料やダイブサイトまでの交通費が含まれているのかなど条件もまちまちです。

一般的な料金は3万円から6万円です。

安い所は器材レンタル料が含まれていなかったりあとで別料金が掛かったりすることが有るので事前に何が含まれて何が別料金なのかしっかり確認しましょう。

最初にダイビング器材を購入しなければ講習を受けれないというような悪質なダイビングショップも有るのでその様なダイビングショップの利用は辞めましょう。

私が最初に買ってもいいと思う器材はマスクとフィン位です。ほかの器材は高額になるのでダイビングに慣れてから購入検討しましょう。

マスクとフィンの購入を検討される方はこの記事をご覧ください。

『2020年版』初心者からプロまでダイビング用マスク・シュノーケルおすすめ各3選

続きを見る

『2020年版』初心者からプロまでダイビング用フィンおすすめ各3選

続きを見る

 

ライセンス(Cカード)取得に掛かる期間

オープンウォーターダイバーライセンス取得に掛かる期間は2日~4日間

事前にインターネットで学科講習を終わらせておくと最短2日間でライセンス取得出来ます。

学科講習も含めダイビングショップに全てお任せする場合は3日間で取得できますが講習開始時間などが遅いと4日間かかる場合も有ります。

最初のライセンス取得におすすめのダイビングショップ

私がおすすめするダイビングショップを紹介します。

アクアギフト

アクアギフトのメリット

講習料・レンタル器材・交通費など全部込みで29800円と安い

関東でトップクラスの5400人以上の認定数なので実績十分

1人でも参加可能

女性インストラクターも5人以上在籍しているので女性も安心

アクアギフトのデメリット

横浜と池袋しか店舗がない為、関東の方以外は通えない

Cカードの発行団代がBSAC(ビーエスアーシー)

デメリットの団体がPADIではない事はいつでもPADIに移管出来るので問題なし。

すいません、関東の方以外は実質通えない思うので他の地域の方は時間が取れる時が有ればご検討ください。

関東の方は是非無料説明会へ参加してください。

更に凄いのがこの料金で今ならイルカと泳げちゃいます!!

説明会は無料なので興味のある方は説明会だけでも参加しましょう!!

初心者専用アクアギフトのページへ

 

まとめ

オープンウォーターダイバーライセンスの講習内容は学科・プール・海洋の3段階

費用は3~6万円

期間は最短2日~4日間

関東の方はおすすめショップ有り

良きダイビングライフを!!

ダイビング 泳げない

ライセンス

2020/6/28

泳げないけどダイビングのライセンス(資格)は取れる?怖くない?

疑問者泳げないけどダイビングのライセンス(資格)は取れる? 水中は怖い? 水泳は得意じゃないけど他の人と一緒に潜れる? この様な疑問に10年以上インストラクターをしている私がお答えします。 結論:泳げなくてもダイビングのライセンスは取れます。 この記事を読んでもらいたい人 泳げないけどダイビングに興味のある方 泳ぎが苦手でダイビングすると周りに迷惑にならないか心配な方 誰かにダイビングに誘われたけど泳ぎが苦手で不安な方   この記事を読むと泳げない人もダイビングが出来る事が解ります。 それでは見 ...

ReadMore

ライセンス

2020/6/28

スキューバダイビングのライセンス(Cカード)オープンウォーター費用(価格)や期間、講習内容から試験まで

疑問者最初に取得するスキューバダイビングのライセンス(Cカード)ってどんなの? 費用や期間は? 実際どんなことをするの?   この様な疑問に10年以上インストラクターをしている私がお答えします。 この記事を読むとスキューバダイビングの最初に取得するライセンス(Cカード)の種類から費用、必要日数、講習内容までが解ります。 この記事を読むとスキューバダイビングのライセンスをまだ持ってない方もライセンス取得の流れや疑問が解ります。 結論から言いますと最初に取得するライセンス(Cカード)はオープンウォー ...

ReadMore

ライセンス

2020/6/20

スキューバダイビングのライセンス(Cカード)の種類と取得費用や講習日数(期間)

疑問者スキューバダイビングのライセンス(Cカード)はどんな種類が有るの? ライセンス取得にかかる費用や日数はどれ位かかるの? どんなライセンスを取ればいいの? そんな疑問に10年以上インストラクターをしている私がお答えします。 この記事を読むとスキューバダイビングのライセンスの種類から費用、必要日数、どのライセンスを取ればいいのかまでが解ります。 結論から言いますとライセンスの種類は大きく分けて7種類です。取るべきライセンスは2種類です。 では見ていきましょう。 目次スキューバダイビングのライセンス(Cカ ...

ReadMore

器材

2020/7/26

『2020年版』初心者からプロまでダイビング用マスク・シュノーケルおすすめ各3選

ダイビングを始めた人が最初に購入するのが計器材。 今回紹介するマスク、シュノーケルとフィンの3点の総称です。 おすすめのダイビングフィンはこちら この3点セットの中でもマスクは水中での視界確保に欠かせない器材です。 自分に合ったマスクを選ぶ事は水中世界を楽しむことに直結します。 シュノーケルは水面での確実な呼吸確保に繋がりマスクと共にコーディネートすることでオシャレを楽しむことも出来ます。 この記事を執筆する際に他の記事にも目を通したのですがおすすめのマスク・シュノーケルが多過ぎて結局どのマスク・シュノー ...

ReadMore

器材

2020/6/19

『2020年版』初心者からプロまでダイビング用フィンおすすめ各3選

ダイビングを始めた人が最初に購入するのが計器材。 今回紹介するフィンとマスク、スノーケルの3点の総称です。 ダイビングマスク・シュノーケルのおすすめはこちら この3点セットの中でもフィンは水中移動で唯一の推進力です。 フィン選びを間違うと足がつったり、周りの人に着いて行けなくなったりトラブルになる事も有るので間違いのないフィンを選ぶ必要があります。 この記事を執筆する際に他の記事にも目を通したのですがおすすめのフィンが多過ぎて結局どのフィンが良いのか解りません。 ですのでこの記事はわかりやすくフィンの種類 ...

ReadMore

-ライセンス

© 2020 sakaheyblog Powered by AFFINGER5